カラコン通販エンジェルスタイル【公式】ネコポス全国一律272円 ≪6,600円以上で送料無料≫

平日15時までのご注文で対象商品当日発送!PayPay利用可能!安心の国内承認カラコン(度あり・度なし・乱視・ワンデー・2week・マンスリー)を豊富に取り扱い!

会社概要

店舗名 エンジェルスタイル
販売責任者名 小西宏美
会社名 株式会社エグザイルス
法人番号 3120001144401
代表者名 代表取締役 武田毅
会社所在地 〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀1-17-16 京町堀センタービル4F
高度管理医療機器等 販売業許可 許可番号:第 N04611 号、収受:平成19年9月18日
管理者:武田毅
※平成17年4月1日より、コンタクトレンズの販売には「高度管理医療機器等販売業許可証」が必要となりました。
医薬品販売業許可 許可番号:第 12V0009 号、収受:平成24年9月20日
登録販売者:大工忍

許認可証の有効期限:平成30年9月20日から平成36年9月19日まで
許認可証の発行年月日:平成30年8月20日
郵便等販売届書 届出年月日:平成24年9月20日
届出先行政:大阪市健康局
受理番号:第1038号
電話番号 06-6110-5220
メールアドレス info@angel-eyes.tv
ホームページURL https://www.angel-eyes.tv/
公式SNS

ブログ

Instagram

X

TikTok

LINE


一般医薬品の販売に関する表示

医薬品販売に必要な許認可証の情報

販売許可区分:店舗販売業
許可番号 :第12V00099号
発行年月日:平成30年8月20日
有効期限 :平成30年9月20日から平成36年9月19日まで

医薬品販売に必要な許認可証の情報

エンジェルドラッグ
名称:株式会社エグザイルス
店舗名称:エンジェルドラッグ
店舗所在地 :大阪市西区京町堀1丁目17番16号
京町堀センタービル4F
許可書発行自治体:大阪市

特定販売(インターネット販売)届出書の情報

届出年月日 :平成25年6月12日
届出先:大阪市長
店舗名称:エンジェルドラッグ
店舗所在地 :大阪市西区京町堀1丁目17番16号
京町堀センタービル4F
広告方法:インターネット
輸送方法:宅配便

医薬品販売に従事する専門家の情報

店舗管理者(登録販売者):大工忍
担当業務:保管・陳列・販売・情報提供・相談

勤務する者の名札等による区別に関する説明

登録販売者は白衣を着用し、名前と登録販売者を記載した名札をつけています。

取扱う一般用医薬品の区分

第3類医薬品
・指定第2類医薬品
・第2類医薬品
・第3類医薬品

薬剤師および登録販売者の勤務状況

月曜~金曜(9:30~18:30):大工忍
土・日・祝:休業日

専門家が相談応需を受ける連絡先の情報

・相談および緊急時連絡先
【メール】info@angel-eyes.tv (24時間受付)
【TEL】06-6110-5547(平日10時~18時まで)

医薬品販売店舗の営業時間

実店舗の営業、並びに インターネット販売の医薬品販売時間:月曜日~金曜日(10:00~18:00)
土・日・祝日は休業日

要指導医薬品及び一般用医薬品の陳列に関する解説

要指導医薬品を、要指導医薬品陳列区画
(新構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画をいう)に陳列しなければならない。
第1類医薬品を、第1類医薬品陳列区画
(新構造設備規則に規定する第1類医薬品陳列区画をいう)に陳列しなければならない。
指定第2類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。
要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品を混在しないように陳列します。

医薬品に関する注意

「医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい

医薬品の安全使用のための業務手順書

1.商品の選定・陳列
・ 医薬品と他商品を明確に区別して陳列しています。
・ 劇薬、医療用医薬品、1類医薬品は販売しません。

2.情報提供
・ 販売に関する許可を有することを、ページ下部に掲載しています。
・ 使用上の注意などを各商品ページに記載しています。
・ 購入や使用に当たり、ご不明な点は専門家が以下の連絡手段で対応します。
【TEL】06-6110-5547(平日10時~18時まで)
【FAX】06-6479-2817
【メール】info@angel-eyes.tv(24時間受付)

3.申込み
第3類医薬品のみ購入可能。
商品により販売個数制限をする場合があります。

4.申込の承諾
不明点があれば購入目的など確認させていただきます。
販売が適切でないと判断する場合は、キャンセルさせていただきます。

5.引渡
・マニュアルに基づき、発送業務管理を徹底いたします。

6.販売後の対応
・必要に応じ、ご相談に対応します。

一般医薬品の販売に関する制度に関する事項

要指導医薬品とは

販売時に薬剤師による対面での情報提供・指導が義務付けられた医薬品。がこれにあたる。
(例)医療用医薬品から一般用医薬品に移行したばかりで安全性評価が終わっていない市販薬(スイッチOTC薬)と劇薬など
※薬事法により特定販売が禁止されており、当店では取扱しておりません。

第一類医薬品とは

一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全上特に注意を要する成分を含むもの。
(例)H2ブロッカー含有医薬品、一部の毛髪用医薬品など

第二類医薬品とは

まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。
(例)主な風邪薬、解熱鎮痛薬、解熱鎮痛剤など

第三類医薬品とは

日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。
(例)ビタミンB、C含有保健薬、整腸剤など

要指導医薬品、第一類、第二類及び第三類医薬品の表示に関する解説

一般用医薬品のリスク区分ごとに、 「要指導医薬品」、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。 第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品(指定第2類医薬品)については、「2」の文字を枠で囲みます。 一般用医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。
第2類医薬品・第3類医薬品の販売にあたり、商品ページにて情報提供を行います。
相談があった場合の応答の義務があり、弊社宛に相談があった場合には登録販売者が対応します。

※当店では要指導医薬品・第1類医薬品の取扱はございません。

要指導医薬品、第一類、第二類及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説

医薬品の
リスク分類
情報提供等 相談があった場合の応答 対応する専門家
要指導医薬品 書面で情報提供及び指導 義務 薬剤師





第1類医薬品 書面で情報提供 薬剤師
指定第2類医薬品
第2類医薬品
情報提供は努力義務 薬剤師または
登録販売者
第3類医薬品 定めなし

※当店では要指導医薬品・第1類医薬品の取扱はございません。
また対応する専門家は登録販売者とさせていただきます。

指定第二類の陳列等の解説及び禁忌の確認・専門家への相談を促す掲示

指定第2類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。
指定第2類医薬品を購入する場合は禁忌事項をご確認下さい。
指定第2類医薬品を使用する場合は登録販売者にご相談されることをおすすめします。

要指導医薬品及び一般用医薬品の陳列に関する解説

要指導医薬品を、要指導医薬品陳列区画
(新構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画をいう)に陳列しなければならない。
第1類医薬品を、第1類医薬品陳列区画
(新構造設備規則に規定する第1類医薬品陳列区画をいう)に陳列しなければならない。
指定第2類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。
要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品を混在しないように陳列します。

※当店では要指導医薬品・第1類医薬品の取扱はございません。

一般用医薬品の販売サイト上の表示に関する解説

当店では医薬品のリスク区分を下記表示にてご案内致します。
要指導医薬品・・・当店では販売いたしません
第1類医薬品には・・・当店では販売いたしません
指定第二類医薬品には・・・【第(2)類医薬品】 
第2類医薬品には・・・【第2類医薬品】 
第3類医薬品には・・・【第3類医薬品】

医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説

【医薬品被害救済制度】
医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。救済の認定基準や手続きについては、下記にお問合せください。

【お問い合せ先】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構
救済制度相談窓口 0120-149-931
9:00~17:30(月~金 祝日年末年始除く)

医薬品の使用期限

各商品ページに記載しています。

販売記録作成にあたっての個人情報利用目的

個人情報利用に関しましましてはこちら

その他必要な事項

お問合せはメールにて24時間受け付けております。
【アドレス】info@angel-eyes.tv
※お問い合わせの際は、必ずご注文者名、注文番号(ご注文後の場合)等、お客様の特定ができます内容を明記ください。

文責者名と資格の種類

登録販売者:大工 忍

【医薬品被害救済制度】
医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。救済の認定基準や手続きについては、下記にお問合せください。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構
救済制度相談窓口 0120-149-931
9:00~17:30(月~金 祝日年末年始除く)

【苦情相談窓口】
医薬品に関して、店舗で解決しない苦情の相談窓口は以下となります。

窓口:大阪市健康局健康推進部生活衛生課薬務指導グループ
電話:06-6208-9986

※上記電話番号は、弊社で医薬品の苦情に対して解決できなかった場合の問い合わせ電話番号であり、商品の発送状況や商品の問い合わせをするための電話番号ではありません。