カラコンの厚さの差によるつけ心地の違いを徹底検証!

ネットでカラコンを注文する際に、商品説明文に中心厚の記載があり、
どのように選んで良いか分からないという方はおられませんか?

実はこの中心厚の数値が、カラコンのつけ心地において
重要な数値となっているんです。

というのも、この数値が高い、すなわち厚みのあるレンズほど
酸素透過性が低くなります。

例えば、レンズの厚みが倍になれば、
酸素透過性が半分になるとされています。

酸素透過性が低いレンズは、目への酸素の供給がそれだけ少なくなり
充血やその他眼病の原因になることもあります。

逆に言うと、酸素透過性の高いレンズの場合、
目の酸素の交換が多く行われるので、眼病予防にもおすすめと言えます。

ここで実際の数値を比較してみましょう。

当店で販売している某カラコンと
エンジェルアイズワンデーの比較です。

◆厚さ(中心厚)の比較
某カラーコンタクト…0.084mm(PWR-3.00の場合)
エンジェルアイズ …0.060mm(PWR-3.00の場合)

エンジェルアイズの方が、0.024mmも薄いレンズ設計となっています。
酸素透過性が高いことに加えて、目に装着した時に異物感も少ないと言えます。

もし、今ご使用のカラコンが厚みがあって異物感が気になるという人は、
エンジェルアイズワンデーをご検討くださいね。