【新事実】カラコンでゴロゴロするとお困りの方へ!🙃

カラコンをするとゴロゴロして長時間つけていられないとお困りではありませんか?ここでは、ゴロゴロしないカラコン選びの方法を考えていきたいと思います。

まず、カラコンがゴロゴロする原因についてみていきましょう。

・レンズの裏表が逆。
これは、よくありがちなケースです。ブリスターケースの中で、裏返っている時もたまにあるので注意が必要です。
裏表の確認方法ですが、レンズの縁が外側に広がってしまう側が裏となります。両方試してみるとわかりやすいです。
裏のまま装着すると多少の痛みも感じることがあります。

・レンズが汚れている。キズがある。
レンズと眼球に間にほこりやゴミが入っているとゴロゴロします。
また、なかなか目にレンズが入らず、その際に爪でレンズを傷つけてしまったような場合ですとゴロゴロすることがあります。

・レンズのBCが眼球と合っていない。
レンズは球状にカーブしており、このカーブのそり具合を表す数値がBC(ベースカーブ)と呼ばれます。
この数値が大きいほどカーブが緩く、小さいほどきつくなります。

眼球もカーブしていますが、人によってその度合いには個人差があります。
レンズと眼球のカーブがあっていないとゴロゴロしたりはずれやすかったりしますので、一度、眼科で診てもらうと良いでしょう。

・乾燥している。(ドライアイ)
瞳自体が乾燥しているとレンズが眼球にのりにくくなります。このような場合でもゴロゴロ感を感じることになってしまいます。
このようなドライアイの症状がある人は、目薬を使用するかひどい場合、眼科を受診すると良いでしょう。

いかがでしたか?カラコンをしていてゴロゴロする場合、主に上記のいずれか、もしくは複合的な要因で起こります。
もし、上記以外でゴロゴロする場合、眼病の可能性がありますので必ず眼科を受診するようにしましょう。

▼超オススメ!

⇒800万枚突破!エンジェルアイズワンデー2箱セット 価格4,901円

▼友だち登録で300円OFFクーポン進呈!
⇒【公式】エンジェルスタイルLINEアカウント