【徹底究明】運転免許更新でカラコン着用は是か非か?

免許更新の際に、カラーコンタクトを着用しても良いのかどうか?疑問に思う方も多いと思います。ここでは、運転免許の写真撮影でのカラコン使用を考えてみたいと思います。

ネットで調べてみると、免許更新時の撮影の際にカラコンを使用していて、係の人にはずすよう言われた人もいたり、何も言われなくて、そのまま撮影できたという人もいるようです。

この差はどこにあるのでしょうか?

まず最初にですが、免許の更新というのは各都道府県警察が管轄となります。警察のホームページには運転免許証の写真についての規定が記載されていますが、この規定が都道府県により多少異なるようです。

カラーコンタクトの使用について、例えば、警視庁(東京都)のホームページには、不適切な写真の例として「カラーコンタクトで眼の色が違っているもの」と記載があります。

宮城県警の場合、注意事項として「カラーコンタクトを使用されてる場合、パスポート写真に準じて眼の色が違って見える装飾の強いものは、個人識別に資する免許用写真には不適切であるため、写真撮影の前に外していただきますので、保管用ケース等は必ずお持ちください。」と記載があります。

広島県警の場合、使用できない写真の例として「装飾の強いカラーコンタクトレンズ使用のもの」と記載があります。

大阪府警の場合、カラーコンタクトについては、特に記載がありませんでした。

これらに共通して言えるのは本人と識別できないほどに目の色が変わるカラーコンタクトは不可ということです。

ただし、京都府警のように「免許証写真撮影時にカラーコンタクト(ディファイン)は着用できません。コンタクトケースを持参してください。」と、ナチュラル系のディファインでも不可と明記してある場合もあるのでご注意ください。

ちなみにネットの情報では、黒や派手すぎない茶色のカラコンだと撮影ができる場合もあるようです。逆に、明らかに派手すぎるカラコンの場合、はずすよう言われることがあるようです。

結論としては、自然な印象ならOK、目の色が変わるほど派手すぎるのはNGと考えられると思います。(※お住まいの都道府県により異なる場合もあり。)

いかがでしょうか?みなさんは、運転免許証の写真でもカラコンを着用したいですか?あくまで自己判断にてご対応くださいね。

▼運転時にもおすすめのカラコン!

⇒800万枚突破!自然でバレにくい大人気のナチュラルカラコン!