最新報告!10代20代のカラコン事情

10代や20代といった若者がカラコンを使っても「痛い」とは思われません。カラコンもといカラーコンラクトレンズは、黒目の部分である角膜に青や赤などバリエーション豊かな色彩と通常の人間の角膜では表せないデザインが売りのコンタクトレンズです。もっとも十分なケアをしないと目のトラブルを招くデメリットはありますが、そうしたデメリットを踏まえたうえで挙げられるカラーコンタクトレンズの用途は自ずとファッションのためのアイテムとなります。

実際にカラーコンタクトレンズを使用するはファッションに敏感な10代から20代の女性が多いです。彼女たちが選ぶコンタクトレンズはナチュラルさを演出しつつも目を大きく見せるレンズや青と紫色が混ざったレンズ、さらにはハートマークが描かれたレンズなどそのバリエーションは充実しています。カラーリングとデザインが充実しているという事はそれだけ目元や顔あるいはメイクに合わせやすく、同時に変化させやすいという自由度の高さから若い女性たちの人気を得る事ができました。

またカラーコンタクトレンズが10代や20代の若者に支持されている理由はそれだけでありません。沢尻エリカや板野友美、菜々緒に倖田來未、さらには北川景子やきゃりーぱみゅぱみゅなどファッション性のあるタレントやモデルたちがカラーコンタクトレンズを愛用しているおかげです。その影響もあってカラーコンタクトレンズとタレントがタイアップした商品が販売されるのは珍しくありません。しかし何より10代や20代の若者がカラーコンタクトレンズを使用してもおかしくない最大の理由は若さです。若ければどんなファッションも受け入れやすいからです。