デカ目過ぎるカラコンで宇宙人…なんて言われないようにご用心!

「猫みたいな動物やあかちゃんのように、黒目がちでくりっとした可愛い目になりたい!」「目にコンプレックスがあってそれを隠したい」とカラコンをつける人も多いのではないでしょうか。つけるだけで簡単に印象をガラっと変えることができるので、今や芸能人はもちろん、日々のメイクには必須のアイテムとなりました。

でも、ただ大きなカラコンを着ければいいというわけではないのです。黒目が大きくなりすぎて白目がなくなってしまうと不自然で、宇宙人みたいな目になってしまいます。しまいには「気持ち悪い」「怖い」と思われてしまうことも…
せっかく可愛くなろうとカラーコンタクトをつけたのに「怖い」とか「気持ち悪い」とか思われては元も子もありません。

さらに、「目が小さいのがコンプレックス」だからとカラコンをつけている人は要注意です。カラコンによって大きくなった黒目のせいで、目元が怖くなってしまうだけではなく、何もしない状態よりも目が小さく見えてしまうこともあります。
目が小さいから、といってむやみやたらに大きなカラコンをつけるのは良くない、ということです。目の小さい人はカラーコンタクトなんて使わないほうがいいと言っているわけではありません!
合わないカラコンで怖いと思われないようにするには、自分の目を知り、その目に合った自然に見えるカラーコンタクトを選ぶことが大切です。

ぴったりなカラコンで、可愛い目元を手に入れましょう!