可愛いの秘密は瞳の黄金比率!自分にあったDIAと着色直径のレンズを選ぶのが◎

カラコンの印象は、「DIA(ディー・アイ・エー)と呼ばれているレンズ本体の直径」「着色直径」でかなり変わります。DIAを選ぶ際のポイントは、瞳よりも多少大きめが良いでしょう。DIAのサイズとイメージは、大きく分けて3タイプです。

DIAが14.0mmなら瞳と同等のレベル、14.2mmなら自然に盛れるレベル、14.5mmになるとデカ目に盛れるレベルです。大きすぎるものを選ぶと目が全体的にレンズで覆われ、酸欠状態になる可能性が。そのためDIAが大きいタイプを装着する際には、着用する時間を短めにすることをお勧めします。

次に、瞳の大きさに関係する要素として挙げられるのは着色直径です。最初に触れた通り、自然に見えるか、盛りすぎてしまって不自然になるかは着色直径のサイズで決まります。そのため、できるだけ黒目の部分に合わせて選んでいくのがコツです。

着色直径ごとのイメージは、ある程度決まってきます。しっかりと盛りってデカ目にしたい場合は着色直径13.9mm以上のタイプが最適ですが、瞳と同サイズで装着していることを知られたくない時は13.1mm以下。着色直径13.2mmから13.5mmは、裸眼よりも一回り大きくして自然な可愛さを演出したい場合に、そして13.6mmから13.8mm前後だと、くりっとした雰囲気の瞳になりたい時に最適。

ちなみに、日本人の瞳の大きさは平均すると約11.5mmから12.5mm未満です。瞳が一番美しく見える黄金比率は「白目:黒目:白目=1:2:1」とされていますので、この黄金比率に近づくカラコンを選んで、理想の瞳を目指しましょう。